けいちゃんのミニ盆栽生活

このブログはミニ盆栽のあれこれをまとめています。管理者自身初心者ですので、一緒に勉強するつもりで読んでいってください♪

【基本】ミニ盆栽作ってみたけど、どこに置けばいいの?!

f:id:harinezumi-no-hachiko:20180220211944p:plain

 こんにちは、けいちゃんです♪

先日作った初ミニ盆栽

本当にミニ盆栽って作れるんだ✨と感動して持ち帰りました。

けど、持って帰って思ったこと・・・

どこに置けばいいの?!

盆栽初心者あるあるの一つではないでしょうか?

それでは、レッスンスタートです☆

植物が住みよい場所が一番

植物にとって”住みよい場所”とはどこでしょうか?

自然界の植物を考えれば分かります。

日光や風や新鮮な空気

この条件が揃った場所ってどこだろ?

答えは簡単、やっぱり植物にとって一番の場所は家の外なんです。

家によって日光、風、新鮮な空気のどれかが十分でない場合もあるかもしれません。

しかし、家の中だけではこれら3つの要素が足りません。

基本、外に置く

まずはこれを知っておきましょう。

急に外に出すのは危険

家の中じゃダメなのか、早く外に出さなきゃ!

ちょっと待って!

長い間室内に置いていた盆栽をいきなり外に出すのはNG。

長い間家の中にいた盆栽はいわゆる甘えた状態になっています。

その盆栽たちをいきなり外に出すと・・・。

人間で例えるなら、ゆるゆるな大学生活を終えた新社会人のように、外の厳しい環境に負けてしまうことがあります。

夏は強い日差しによる葉焼け、冬は厳しい寒さによる葉の変色など。

植物にとっていくら外が一番と言っても、急激な環境の変化はマイナスです。

徐々に環境に慣らしてあげよう

人が何千メートル級の山登りをする時、”高所順応”という作業を行います。

これは、酸素が薄い状態に少しずつ体を慣れさせるために行う作業です。

これが不十分だと体に急激な異常が生じます。

盆栽も同じ、まずはちょっとずつ外に慣らしてあげましょう

特に室内との環境差が激しい時には細心の注意を払ってください。

寒暖差の少ない曇りの日なんかがおすすめだよ♪

 室内で盆栽を楽しむために適した期間

そっか〜。外に置いとかなきゃなんだ。

でも、せっかく作った盆栽。

やっぱり家の中でも楽しみたいですよね。

「家の中の緑に」と思って作ってみた方もいると思います。

期間を決めて家の中に置いてみよう♪

お客さんが来たときや自分が鑑賞したいときは、やっぱり室内にある方がいいですよね。

実際にお店にお邪魔したときも、中に入れてある盆栽がたくさんありました。

植物の体調を見ながら、外と中で入れ替えているんだよ。

植物の体調・・・これは初心者には難しそうですね(笑)

なので、室内に置いておく期間の目安をお話しします。

基本的に2〜3日、冬場は1週間程度なら室内に置いていても問題無いようです。

ただし、空気が淀んでいるところや、冷暖房の風が直に当たる場所は避けてください。

絶対にエアコンの風を直接植物に当ててはいけませんよ!

私も以前失敗したことが😢

エアコン、甘くみるべからずです。

季節によって注意が必要です

夏の葉焼けや冬の変色など、季節によって外の環境が盆栽の大敵になる場合があります。

季節別に注意点があるから覚えておいてね!

夏に注意するべきは強い日差し

夏に注意するのは強すぎる日差しです。

人も夏の日差して”日焼け”をしてしまいますが、盆栽も同じように”葉焼け”してしまいます。

人間なら日焼け止めとかあるけどな〜

盆栽には日焼け止めなんてないですよね(笑)←あったらゴメン

なので、直接日光が当たらないように工夫が必要です。

すだれや遮光ネットを利用してみましょう。

時間によっても対策が必要だよ!

夕方の西日はとっても強いので気をつけてください。

午前中の柔らかい日差しをいっぱいに浴びせてあげるといいですよ♪

冬は霜や寒さから守ってあげて 

 人間でも、冬の寒さには参ってしまいます。

植物って強いから大丈夫なんじゃないの?

そうでもないんだよ。

ミニ盆栽は盆栽の中でも、小さな植物を扱うことが多く、それだけ弱いという特徴があります。

器が小さいから根まで凍ることもあるよ。

また、植物によっては寒さの影響を受けやすいものもあります。

夜に水やりをしない、氷点下になる場合は室内に避難させるなどの対策をしましょう。

盆栽と天候はとても深い関係にあります。

天気予報はできるだけみようね〜

マンションやアパートでミニ盆栽を外に出すときの注意点

コンクリートは熱いし冷たい

アパートやマンションのベランダって、普通コンクリートで作られてますよね。

盆栽を外に出さなきゃ!と思ったら、そのままコンクリートの床に置いてしまう。

あるあるですが、注意が必要です。

コンクリートは夏は焼けるように熱くなり、逆に冬は非常に冷たくなります。

そんなコンクリートの上に直接盆栽を置くと、盆栽に負担がかかることはもうお判りですよね。

直接コンクリートの上に盆栽を置かない工夫をしてみましょう♪

まとめ

今回は盆栽を置く場所についてでした。 

やっぱり外が一番いいんですね〜

ただし、外に置く場合も注意が必要なので気をつけましょうね。

初心者ってほんと〜に分からないことだらけですよね!

少しでも役立つ情報をお伝えします♪

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

 

p.s.

ツイッター&インスタグラムもフォローしていただけると喜びます!

けいちゃんのツイッターツイッターフォロー

けいちゃんのインスタ→Instagramフォロー

ついでに【女子なりに考えてみた】の読者登録もお願いします!

【女子なりに考えてみた】→読者登録する